虚業集団

「虚業集団」 清水 一行(しみず いっこう)

経済小説と言いますと当然ながら企業の活動を描いたものを想像しますが、この小説は一味違い「会社を食い物にする悪人集団」の活動を描いた小説です。

それまで何の問題も無く順調に業績を上げていた企業を無理やり倒産させ資産を根こそぎ奪っていくという悪人達を描いた物ですが、この小説を読んでいると会社経営において常識と心得ていなければならない事が沢山出てきます。

そして、それらが全て本当にそうである点が、さすが経済小説の大家である清水一行氏の面目躍如たる所です。

最初、この小説を読んだ時はあまり私自身は経済という物を知らなかったのですが、これ一冊を読み終えてみたら実に色々な事を覚えていました。例えば「小切手」とは何かを確実に御存じでしょうか?

多少、ネタばれになってしまいますがミステリーでは無いので、あえて書いてしまいますと「小切手」とは預金口座に小切手に書かれている金額に相当する現金が小切手を出した時点で確実に有る事を前提としているのです。

小切手には日付を書き入れる欄がありますが、そういう意味合いから書き入れるべき日付は今日の日付以外は書くべきでは無いのです。ですので小切手に約束手形のような形で「未来の日付」を書き込むのは「先付けの小切手」と言われ銀行に持ち込むと「非常に不謹慎な物」と言われ発行した当人の信用が疑われる結果となってしまうのです。

私自身、バブル時代に勤めていた会社がバブル崩壊時に倒産してしまった経験がありますが、その時に勤めていた会社は小さな会社で銀行から約束手形を振り出すほどの信用を得ておらず社長は、この「先付けの小切手」を約束手形代わりに使っている事を知り「この会社はもう危ない」と予知する一助となりました。

それもこの「虚業集団」を読んでいたからこそ得た知識でした。
おかげで前もって「倒産した場合の準備」をする事が出来、何とか乗り越える事が出来た、という意外な効果もありました。

この本では「食い物にされる側」の様子も精密に描かれており、食い物にされる側にも、そうされてしまうだけのスキが有る事が感じられ「世の中の怖さ」を肌で感じる疑似体験が出来るという意味でもお薦めの一冊です。

清水一行氏の経済小説は勧善懲悪的な物では無く人間の持つ野心や欲望を主題に描いており他の経済小説ではモデルとなる人物が明かされており事実を小説化したものである事が明確であり、それが清水氏の基本的なスタイルなのです。多分、この「虚業集団」もモデルが有ると思われるのですが、さすがに内容が内容だけに、それは明かされていません。

これほど怖い小説はありません。是非、ご一読を。